最近のトラックバック

ウェブページ

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他のアカウント

無料ブログはココログ

« ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(2) | トップページ | ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(4) »

2016年7月26日 (火)

ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(3)

ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」

第3章 政治的力は何に由来するか

民主的な力の中心

民主的社会は国家から独立した非政治グループや機関が多数存在する。例えば、

  • 家族
  • 宗教組織
  • 文化的協会
  • スポーツ・クラブ
  • 経済機関
  • 労働組合
  • 学生協会
  • 政党
  • 町会
  • 園芸クラブ
  • 人権組織
  • 音楽グループ
  • 文学協会

などなど。これらは、社会の重要な要素である。独自の目的があり社会の需要を満たしている。また政治的にも重要である。

このようなグループや機関が、独裁者に掌握されていればいるほど民衆は無力となる。

反対に、独立した(政府の管轄外の)こういったグループ・機関の自立性と自由が保たれ(or 回復され)れば、政治的抵抗の重要な基盤となる。

また、これらは、独裁体制崩壊後は民主的社会を営む際の構造的基盤となる。

独裁体制が、このようなグループを掌握している場合、抵抗勢力は新しい独立した社会グループを作るか、生き残ってる組織や部分的に支配されてる組織・グループに対して民主的な支配を取り戻すことは非常に重要な課題となる。

これらは歴史的に実際に何度も起こったことなので実行可能である(もちろん、たやすくできるわけではなく、独裁政権も取り戻そうとする。犠牲者が出ることも覚悟しなければならない)。

私の考察:

つまり、こういった独立した社会グループ、組織、機関、は独裁政権が生き血を吸う手段(あるいは生き血そのもの)であって、これらを抵抗勢力が取り戻せばその分独裁体制は飢えるということだ。

民主的力の源を考察することの結論: 独裁政権を意図的に崩壊させることは可能である

特に、独裁政権は、巧みに展開された政治的抵抗にはかなり傷つきやすい、という性質がある。

巧みに展開、という意味は後の章で示される。

| 次 >

« ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(2) | トップページ | ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(4) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525300/63925561

この記事へのトラックバック一覧です: ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(3):

« ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(2) | トップページ | ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(4) »