最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

他のアカウント

無料ブログはココログ

« ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた | トップページ | ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(3) »

2016年7月14日 (木)

ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(2)


ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」

第3章 政治的力は何に由来するのか?

政治的力を成り立たせているもの

より続き。

全体主義的な独裁体制は、それが支配する民衆と社会に依存している。

政治学者のカール・ドイッチの1953年の記述より孫引用:

独裁体制の権力が強力でいられるのは、それがあまり頻繁に行使されないときに限られる。もし、その権力が民衆全体に対して常に行使されなければならないと、確固たる力を長期的にわたって保つことはできない。独裁政権は、他の形態の政府と比べて、対象を治めるのにより多くの力を必要とするため、政権は民衆の間に頼るに十分な服従的習慣が広まることを大いに必要とする。そしてそれは、有事の際にそれなりの数の民衆が積極的に支持してくれると見込めるよりも重要なものである。

俺の感想:

要するに、独裁政権は支配している民衆の生き血を吸わないと生きていられないのだから、民衆の服従が必要だ、ということかな?
そして、民衆が(犠牲を恐れず)協力をやめる決意をすれば(生き血を吸われることを拒否すれば)政権は弱体化するということか?

政権が政府の力をどの程度まで保てるか?

  1. 政府の力に歯止めをかけようとする民衆の要望の度合い。
  2. 被統治者の独立的組織や独立的機関が、力の源となっているものを一斉に撤退させられる統率力の度合い。
  3. 大衆が、政府への同意や援助を保留できる能力の度合い。

« ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた | トップページ | ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525300/63915927

この記事へのトラックバック一覧です: ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(2):

« ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた | トップページ | ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(3) »