最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

他のアカウント

無料ブログはココログ

« ある「プロ」の書いた、初心者向けc言語入門プログラム | トップページ | C++ でのconst性ってどこまで保証されてる? »

2016年10月13日 (木)

ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(5) 交渉の危険

|

ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」

第2章 交渉に潜む危険性

考察

ぶっちゃけ、独裁政権と交渉しようなどという期待は持たないことだな!

せいぜい、独裁者が「海外逃亡まで命を取らないでくれ」と言ったときぐらいに考慮する話ってことだ。

独裁政権は強大だから、と受け身になって「妥協」「調停」「交渉」に希望を持つ人々はどうしても出る。

「分別をもって話し合ったら?」「独裁者にも人間性を理解する感覚はあるだろう」「独裁者がよかれと思ってしたことを勘違いしたのでは?」「独裁者にとっても利益のある提案をしたらどうだ?」「「他に選択肢はない」などなど。

何故、独裁体制に闘争を挑むなどということをしなければならないのか?

交渉することの長所と短所

交渉が有効な場合:「妥協」があって良い場合。賃金値上げのためのストライキなどでは双方歩み寄りのための交渉は大変重要な手段。

交渉によって満足な解決策が得られない場合:宗教的原理、人間の自由、未来永劫にわたる社会的発展などの根源的・基本的な問題の場合(「妥協」があってはならない場合)。

このような基本的問題をまともに採り上げられるのは、民主化勢力側に力がシフトしたときだけ。このシフトを起こせるのは交渉ではなく闘争。

交渉すべきではない、という意味ではなく、強い反体制側の民主化勢力が欠落している状況では独裁政権を追放する手段として交渉は現実的ではない

交渉不可能な場合もある: 独裁者側が拒む、交渉開始後に民主化勢力のリーダーが行方不明になる、等。

降伏は交渉によって得られるか?

長年の闘いでも解決がつかなかったり、味方の被害が大きすぎるなど、どうしても民主化勢力内では交渉を試みる強い誘惑が出るものである。

独裁政権側が交渉の場で「平和」を提供しようと言い出すときは、もちろん不誠実なもの!

独裁者は反体制側が闘争をやめれば自分たちの暴力を止めると言うだろう。「和解」を装って民主化勢力を交渉によって降参させようとするだろう。

これらは魅力的だが、非常な危険がある

また、反体制側が例外的に強力の場合、独裁政権側が自分を守ろうと交渉を求めることもある。しかし、どの場合でも独裁者側の目的遂行には断固手を貸してはならない!

政治的自由の闘争で「交渉」が呼びかけられた場合、そこにはが待ち受けていることを決して忘れてはならない。

独裁政権側が交渉を言うのは、民主化勢力を手懐けて降伏を引き出し、非人道的な行為を続ける企みである。

こういう問題で交渉が役に立つのは、せいぜい、果敢な闘争が終わり、独裁者が完全に弱体化して海外逃亡するときに、空港まで個人的安全を求めるときぐらいのもの。

交渉における力と正義

「交渉」というものはどんなものか、明確に思考しなければならない。

交渉とは、双方が平等という前提の元に、同じテーブルについて対立を産んだ互いの相違点を解決するものではない

  • 交渉で到達する最終合意は、双方の意見を照らしあわせた上での公正さから来るものではない
  • 交渉で得られる合意は、双方の力関係に大きく左右される。

交渉で相手が合意しなかった場合どうするか? また、交渉の合意の約束を相手が破った場合どうするか? 相手が力づくで約束と違うことを押し付けた場合は?

交渉における和解は、何が正しくて何が間違っているか?で決まるものではない。双方の絶対的、相対的な力関係をどう評価するかで決まる。

また、交渉による歩み寄りに際しては、双方が何を放棄する気があるのか、も考えんければならない。

しかし、極端な独裁政権下の民衆が歩み寄れるもの、放棄できるものはあるか?

仮に交渉でもっとうまく合意が得られたとしても、その結果の平和はいったいどんなものか?それは闘争を始めたときよりましになっているか、悪化するか?

「合意を取り繕う」独裁者たち

独裁者の欲しいものは様々だが、彼らが統治をあきらめたら彼らの欲しいものは残らない。従って、絶対に統治の手をわずかでも緩めようとする筈がない。

つまり、交渉の場で独裁者が何を約束しようとも、降伏を引き寄せた後、独裁者は約束をあっさり破る!

民主化勢力が、一時的に抑圧を弱めてもらうかわりに抵抗運動を中止する、と決めた場合、約束は守られない。抵抗運動を中止して抑圧が止むことはない! むしろ一掃弾圧を過酷なものにしさえする。

根源的な問題が争点となっている場合は、変化は和解交渉ではなく抵抗によってもたらされる。

独裁者を追放するためには、抵抗を必ず継続しなければならない

成功のためには、和解交渉ではなく、どれだけ強い抵抗手段を賢く使いこなせるか?にかかっている。

自由のために闘う方法では、政治的、および非暴力闘争がもっとも強力な方法である、というのがこの本の主題である。

どんな平和か?

民主化勢力と独裁政権が「平和」について話し合うときは、明瞭な思考が必要となる。非常な危険があるからだ。

民主化勢力の考える平和と独裁者が言う平和は違う。

ヒトラーも「平和」をたびたび口にしたが、その言葉の意味は、彼の望むことに人々を降伏させることだった。独裁者の言う平和は、大抵牢獄や墓場での平和にすぎない。

それ以外の危険: よい意図で交渉を始めたとして、プロセスが混乱して、ひょんなことから独裁者に国内外での「合法性」を与えてしまうことがある。独裁者は合法性を切望する。独裁者に合法性は決して与えてはならない

希望がある理由

民主化闘争に希望を失って交渉を選ぶしかない、とあきらめる気になることはあることだが、あきらめる必要はない。

民衆が弱いままでいる必要はない。独裁政権も脆弱なものであり、弱点を拡大することは可能。

また、独裁体制が非暴力抵抗によって比較的短期間で崩壊することもよくある。

暴力的方法がはやく、非暴力的方法が遅い、という規則はない。

平和と自由を獲得するには、政治的抵抗という方法がある。

|

« ある「プロ」の書いた、初心者向けc言語入門プログラム | トップページ | C++ でのconst性ってどこまで保証されてる? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525300/64288509

この記事へのトラックバック一覧です: ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(5) 交渉の危険:

« ある「プロ」の書いた、初心者向けc言語入門プログラム | トップページ | C++ でのconst性ってどこまで保証されてる? »