最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

他のアカウント

無料ブログはココログ

« ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(6) 独裁政権にも弱みがある | トップページ

2016年12月10日 (土)

法学ド素人が自民党憲法改正草案に駄目出しする-その前に

自民党は憲法改正をすると言う。

 

自民党憲法改正草案をそのまま現行憲法に置き換えるとは言っていない。が、草案を撤回もしていない。

 

今年の参院選で改憲推進派が2/3を取ったということは、国民は改憲を認めたことになる。

 

で、まず、自民党はどうやら憲法を「序文から何から全部書き換える」つもりのようだ。

 

これを「おかしい」と思わないだろうか?

 

他の国は改憲を何度もやってるのに日本は改憲をしてないから、などという理由で改憲を考えるってのもおかしいが、戦後70年改憲していなかった日本が、国の根幹の憲法を全面書き直しなどしたら、

 

どう考えても、日本は大混乱するだろう?

 

すべての法律は憲法と密接な関係にあるし、裁判所の裁判の仕方、その他、あらゆる制度、機関も大影響を受ける。

安全保障環境が変わったから? つまり外敵が考えられ、日本がこのままでは危険だから?

本当に危険があるなら、憲法全面改定などして日本が混乱したら、それこそその隙を突かれて日本はやられてしまう。当然、改憲なしで何とかするとか、改憲が必要だったとしても必要最小限度にしなければいけない。愚策もいいところだ。

それに、国民に相談もなしに政府が全面改正の憲法改正案を出してきたのに、国民の多くが内容を録に確かめもせずに「おまかせ」でやらせる、というのは民主主義国では到底考えられない話だ。

何のために憲法があるのか?が分かっていないということだ。

憲法って、公権力から国民の人権を守るために公権力を縛るものですよ? あなたの人権危ないよ?

« ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(6) 独裁政権にも弱みがある | トップページ

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525300/64607031

この記事へのトラックバック一覧です: 法学ド素人が自民党憲法改正草案に駄目出しする-その前に:

« ジーン・シャープ「独裁体制から民主主義へ」を読んでみた(6) 独裁政権にも弱みがある | トップページ