最近のコメント

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 「権利」と「義務」は取引か?−自民党改憲草案12条 | トップページ | CとC++の違い−備忘 »

2017年6月28日 (水)

もし、俺の親父のようなタイプの人間が権力持ったら・・・

私は精神的虐待を受けて育った。

父の性質は次のようなものだった。

  1. 自分の考えと異る考えの人間は「悪人」か「駄目な人」であって、絶対に認めなかった。
  2. 何か問題があると、それは必ず他人が悪い。それは一貫していた。朝から晩まで人の悪口を言い続けた。TVに向かっても罵倒し続けた。母にも「馬鹿女〜、馬鹿女〜、馬鹿女ったら馬鹿女〜」など毎日罵倒した。電気料金が思ってたより高かった、というときがあったが、「これは電力会社が不正をしている」と信じ、何度も電力会社にクレームを付け、会社が検査の機械を取り付けて「やはり漏電などはありませんよ」と説明しても「あんたらが悪さをしてることは分かっている。料金を返せ」と怒鳴るだけだった。
  3. 何かあっても「責任を取る」ということは絶対しなかった。
  4. 人に謝ることは絶対にできなかった。自分の非は絶対に認められなかった。
  5. 子供には絶対服従を暗黙のうちに要求したが、言うことがころころ変わったので服従不可能だった。高校ぐらいまでは洗脳されていたので、親には絶対服従しなければならないと思い込んでいたが、不可能だったので自分には価値がないという信念が刷り込まれていた。
  6. 「男の約束」というのをやることもあるが、それは相手が絶対に約束を破らないという意味だった。ある人と「男の約束」をして握手までかわして、30分後に破ったところを見たことがある。
  7. それでいて、自分は正義の人間だと信じていた。

親父の生い立ちが少しずつわかってくると、親父も祖父に虐待を受けていたことが分かった。(母に母の問題もあったがややこしいのでここでは書けない。)

中学生の頃だろうか。親父は自転車でプールに俺を連れて行く習慣があった。兄弟もいたのだが、他の兄弟はうまく距離をとっていたので、常に俺と親父二人だった。辛かった。途中にかなり急な長い坂道があった。とはいえバスも通る道ではあるが。行きはまだ登りなので、ひたすら頑張って登るのだが、帰りの下りが問題だった。父は自転車でノーブレーキで下まで滑走するのが快感で大好きだった。そして俺にもそれをやるように無言で強制した。これは怖かったのでどうしても父より遅れた。自動車道である、さらに坂道の下は二股に分かれていた。つまり、自動車がわんさか通る道に坂の上から自転車が2台時間差でノーブレーキで斜めに突っ切ることになる。下手したら事故を起こして死ぬかもしれないし、もっと悪いことに他人を死なせたかもしれない。幸運なことにそうはならなかったが。
ある日、それをやっていたら白バイが付いてきて俺に注意した。父は既に先に降りていたので白バイは気づかなかったらしい。親父は戻ってきて俺を怒鳴りつけた。

まあ、手のひら返しは日常だ。

家は地獄だった。しかし、それでも被害が家庭内ですんだのは、父に「権力」がなかったからだ。もし、父に権力があったら、特に総理とかになったら大変なことになる。

この予想が外れればよいが。

« 「権利」と「義務」は取引か?−自民党改憲草案12条 | トップページ | CとC++の違い−備忘 »

心と体」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525300/65466251

この記事へのトラックバック一覧です: もし、俺の親父のようなタイプの人間が権力持ったら・・・:

« 「権利」と「義務」は取引か?−自民党改憲草案12条 | トップページ | CとC++の違い−備忘 »